牡蠣を食べると発表された宮城の出会い

(台北18中央中央)6月下旬、東部の離島と緑の島、観光客などでノロウイルスによる大量食中毒が発生します
102人が下痢を訴えたケースがありました。この健康福祉部(厚生省)食品医薬品局、第16号、宮城の出会い
感染源は日本産の生きたカキであると発表されました。

同局によると、6月26日から30日まで台東県保健局に7件の食中毒の報告があった。宮城の出会い
検査の結果、緑島の飲食店から提供された日本産カキからノロウイルスが検出されました。

宮城の出会い高雄市衛生局は、市内で牡蠣を輸入している2社を特定し、15日までに2141箱(約16トン)を回収しました。
食品安全衛生法に違反すると、2社で最高2億台湾元(約8億円)の罰金が科せられます。

・食中毒あり3桁………

輸入部品ではなく消滅?

とんでもない

・牡蠣には言い訳がありますが、また102人が素晴らしいです

・大腸菌ではないですか。

 

宮城での出会いを体験…さすが東北一と思わされる結果に

宮城の出会い
・日本料理はしばらくの間でも
生のものはひどいです…

・日本や台湾と何でもできると思うから
私は台湾も気にしません

・病原菌の巣:日本半島(排水せず、海にも排水する)

・おじがいるのは当たり前のことです。宮城の出会い

・日本の報道ではない(無料報道!)しかし始まったばかりのことではないが、完全に食料テロである

宮城の出会い
・日本の海はトイレと同じだから
日本の起源は大腸菌の塊です。