日別: 2020年4月7日

横浜の新人、山本と出会いたい

ただし、店員はいません。

横浜の叔母が台所に行ったときに洗濯していた新人?幼い子供と話してください。

横浜でアツい出会いが体験できる!26の方法をご紹介

おばさん「山本、切ってくれない?」

その後、山本さんは「元気です」と答え、カッティングエリアに行きました。

私の横浜に立っていた人は、リブロース400gを注文しました。

山本氏はす​​ぐに肉の塊を取り出し、使い慣れた手でナイフを合わせます。

しかし、何かが間違っています。

山本くんの組み合わせナイフ位置は明らかに400g以上です…

そんな不安にも関わらず、山本さんは剣を入れました!そして、カットした肉の重さを量ります!

1020g!
遠すぎます!笑

その後、山本くんの先輩と思われる今泉さんが名札を付けた男が切断エリアに戻り、山本さんがカットした肉をすぐに修理して顧客に提供しました。
それから山本を見てください。

今泉:「あなたは横浜が教えたことを聞いていました。肉の厚さを考えると、体重を変えることができます。」<-私はこのようなことを言っていました。